第49章 ひし形理論 家庭の秩序と中心性

      ひし形という形態の秩序が完成した家庭について説明しましょう。 主体である主人は、家庭の中心であるお爺ちゃんお婆ちゃんの事を尊敬しています。 お爺ちゃんお婆ちゃ … Read more…

第47章 ひし形理論 秩序なき世界もひし形の未完成にある

      社会においても、家庭においても、あらゆる面における秩序という問題を失っている根拠というのは、この関係がはっきりしていないという事なのです。 格位という言葉でも … Read more…

第42章 全ての中心は心情 

  本来イエス・キリストは結婚してそこから本当の人類として第二の出発をする予定でした。 それが成される筈だったのですが、それが出来なかったという経緯があるのです。 ですから人間は未だに霊性1 … Read more…

第41章 人類堕落の原因

  「人間が霊性14歳レベルを超えられないが故に神と繋がれない」 「神と繋がって行く為には、新しく生まれなければならない」 これはイエスさん本人が語った言葉なのですが、本当にそうなのです。 … Read more…

第35章 全てのものは3段階で完成する

      第一の原因である神と呼ばれる存在とは、巨大な意識を持つ無形の霊的存在です。 第一の原因である神においては、時間的な経過ではなく、一つの存在として最初から前章図 … Read more…

第34章 全ての出発はひし形から始まる

      まず、神という存在も図の平面図で表すと、幾何学的なひし形の図で表現することができますが、あくまでもこの図は平面上に表しているので、時間と空間を超えた存在という … Read more…

第28章 全ての問題を解決できる原理とは

      根本原因を間違って捉えると、正しい結果に行きつくために遠回りをしてしまいます。 それが丁度、今の科学の世界がそういう事なのです。 根本原因というものがはっきり … Read more…

第27章 一つしかない原理

    政治経済から育児・結婚・医療等を例に挙げて述べて記述してきましたが、このようなものが全て矛盾なく語られるシステム、或いは在り方でなければならないのです。 それは歴史の問題に … Read more…

第26章 根本原理を理解すると物事の見え方が変ってくる

      ひし形理論の説明では、 “原因の真実”を皆さんにお伝えしようとしているのです。 そしてその”原因”がはっきりする事により、この“私”とは如何なる存在であり、“ … Read more…

第25章 マルクスもアインシュタインも間違いだらけ

      経済の在り方についてもそれで良いのか?どうなのか?結論から言わせて頂ければ、決してそれでは良くないと言う事になるわけです。 経済について言えば、本当の意味でバ … Read more…