第44章 ひし形理論 全てに通じる4つの位置関係

 

diamond_fuji_b_02

 

ひし形理論を理解するポイントは、4つの位置の意味合いを明確にすることです。

これがとにかく全ての物事における基本的な根本になるわけです。

量子力学の世界においても、素粒子に関する様な研究結果が発表され、ヒックス粒子の話題が色々出てきています。

それらも最終的に4つの位置関係をこのひし形の図形をモデルに説明する事ができます。

この章ではこの4つの位置のひし形四角形から色々な事が理解されるという事を解説して行くのですが、この人類の歴史に関しても、この4つの位置から説明する事が出来るのです。

これは人類の歴史の法則にも関係しています。

このひし形図形の4つの表す位置が、とにかく全ての根本になりますので、全ての事象をこの図形を中心にしながら説明が出来る内容になっているわけです。

ここから教育論という話も出てきますし、政治論、経済論、医療論、もここから全ての内容が展開されるのです。

それほどにこの内容は、全てに通じる内容だという事になるわけです。

この4つの位置に名称を付けると、まず、ひし形四角形の一番上の部分を【 中心 】と考えて頂ければ良いと思います。

全てのものには必ず中心というものがあるのです。

中心は一点だという事をまずご理解下さい。

 

中心 2

 

 

 

 

 

関連した理論記事