第23章 「私」とは何なのか?

 

design_img_f_1534617_s

 

 

今、我々が学ばないといけない、或いは知るべき事、というのは何でしょうか?

世の中には色々な情報がありますが、やはり生きて行く上で最も重要なことは“私”自身であり、この“私”自身からかけ離れた問題だけを見つめるということは必要のないことです。

この“私”を中心として、“私”を取り巻く環境、私自身の生活、それが全ての土台になっているのではないかと思うのです。

この“私”が生活している所に余裕があれば、色々な娯楽であったり、趣味であったり、その様な所にも活動の範囲が広がって行くと思います。

皆さんが日々の生活の中で、切り離す事が出来ない部分が、“私”であり、“私”を取り巻く生活であると、ご理解出来ると思います。

 

“私”という問題と、切り離す事が出来ないのがまず、政治の問題や経済の問題という事になってきます。

更には“私”を中心として、“私”だけではなく“私”の回りにいる人々、つまり“私”以外の人々ですが、その人々との関係も非常に重要になってきます。

この“私”そして“私”の回りの人々、そういったものが集まり社会が出来て、それから国が出来て、という事になるのです。

更にもう一度この“私”を中心として考えて行くと、実生活の中に“私”があり、人によっては子どもがいて、育児の現実があり、更にそこから少し成長していくと、今度は学校教育や子供に対する倫理、道徳の教育であったりするのです。

これも“私”を取り巻く環境の一つとして捉える事が出来るのです。

更に人間がどんどん成長して行くと結婚という事も関わってきますし、家庭の在り方が、“私”を取り巻く環境であるという事です。

そして更に自分を取り巻く環境は、政治、国家であり、大きく広がると世界という形で展開していきます。

又、今日においては宇宙レベルといったところまで我々を取り巻く環境には、意識が向いていると思われますが、このように色々なものが“私”としての環境にあるのです。

そして環境と同時に色々な問題があります。

これらの様な事をまずは頭に入れて頂きたいのです。

そして、この中で我々にとって必要な事、人間である“私”にとって最も必要なもの、より必要なもの、より大切なもの、それは何でしょうか?

その辺のところをまずしっかりと認識していくべき必要があります。

今“私”と関わりがあるものが沢山あると思いますが、この宇宙というのは、実生活の中では直結した問題ではないと思います。

ある意味、距離が遠いところにある感じだと思います。

又、世界情勢の問題も重要な位置にあるのですが、普段の生活においては、あまり関心が無かったりする人が意外と多いのではないでしょうか。

そのような事に意識や関心が無かったとしても、“私”というものが生きていく上において、なんとか生きて行く事が出来るのでないかと思うのです。

 

 

 

 

関連した理論記事